2011年03月28日(Mon)PM21:20 外国為替 外為 ニュース

jishin-endaka


2011年3月11日(いわゆる311)に発生した東日本大震災福島第1原発事故の影響で、最近は「円高ドル安クロス円安)」の傾向が続いています。

念の為、冒頭で解説しておきますが、例えば1ドル=80円だった為替レートが、1ドル=79円になった場合は、「円安」ではなく「円高」なので注意が必要です。

↓クリックで拡大
2011年3月14日 福島第1原発事故 日経平均株価 チャート

東日本大震災・福島第1原発事故の影響で、2011年3月15日の日経平均株価は一時、1392円86銭安の8227円63銭、下落率14.47%と暴落しました。
日経平均株価 1392円86銭安 終値 1015円34銭安 福島第1原発事故 東日本大震災

円相場 1ドル=76円25銭に急伸

2011年3月17日 ドル円 チャート 1ドル=76円25銭

ところが、2011年03月16日(日本時間17日早朝)のニューヨーク外国為替市場では、何故か円相場が一時1ドル=76円25銭まで急伸し、円高になりました。
1ドル=76円25銭 ドル円76円台 円高 原因 理由 なぜ

協調介入 円買い ドル売り

協調介入 為替介入 市場介入 チャート 2011年03月18日

その結果、2011年03月18日(金)には、7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が円高阻止に向けた協調介入で合意し、主要国中銀の円売り介入の実施が決定しました。
協調介入 為替介入 市場介入 理由 目的 なぜ? チャート 2011年03月18日

地震で円高になった理由は?

100円 右矢印 1ドル紙幣 1ドル札

巨大地震や原発事故による危機的な状況は、日本経済の減速や財政赤字の拡大につながるため、本来なら円が売られてドルが買われる「円安ドル高」の原因になるのが普通です。

この状況で、逆に「円高ドル安」となった訳は、下記の通りです。

地震 円高理由 まとめ

倒産 破綻 潰れた
  1. 日本の会社が自社工場を建て直すなどの復興に多額の資金が必要になるため、ドル資産を売って円を確保するといった見解が市場で広まった。
  2. 国内生命保険会社や損害保険会社が、震災被害に対する巨額の保険金支払いのために、ドル資産を円に換える「レパトリエーション(Repatriation リパトリ)」を行うといった思惑。
  3. 日本の保険会社や企業が海外投資に慎重になるといった思惑がニューヨーク市場で先行。
  4. 日本企業の決算期末である3月末が近く、海外資産を売却するといった思惑。
  5. 海外投資信託などの投資をしている日本の個人投資家が、家が地震被害を受けて投資信託を解約するのに伴い円買いが発生したり、追加で投資しようとしていたのを止める事により円売りが減るといった可能性。
  6. 日本の投資家の金融資産が、株価の下落で目減りしたので、外貨建ての海外資産を売却して穴埋めをするといった見方。
  7. リスクを回避する時は日本円に避難するという固定観念(アノマリー)。
  8. 暴落 下落 急落
  9. これまでの円の最高値が、1995年1月に発生した「阪神・淡路大震災」から3か月後の1995年4月19日の「1ドル=79.75円」だったという経験則。
  10. ヘッジファンドなどの投機筋が円買いドル売りを加速。
  11. ヘッジファンドなどの投機筋が円買いドル売りを行った結果、日本の個人FX 外国為替証拠金取引投資家が持っていたドル買いのポジションが強制ロスカットを喰らい、円買いドル売りの連鎖を引き起こした。

こういった円高要因が複雑に絡み合って、今回の円高ドル安となった様です。

円高の最大の原因はヘッジファンド?

詐欺師 ヘッジファンド

ただ、実際は日本の保険会社には現預金やコールローンなどで十分な手元資金があり、今のところ海外資産を売却する動きは出ていないので、地震によって円高になった最大の原因は、ヘッジファンドによる投機的な円買いドル売りと思われます。

ヘッジファンドは短期でポジションを保有する事が多いです。従って、東日本大震災・福島第1原発事故の被害や、ユーロ問題(ユーロ 欧州 ニュース)などが落ち着けば、いずれは円安ドル高(ユーロ高)に推移していくと個人的に思います。

「外国為替 外為 ニュース」カテゴリの記事 最新10件

(下のリンクをクリックすると、「外国為替 外為 ニュース」カテゴリの全記事が表示されます)
(下のリンクをクリックすると、キーワードに関連する最新の記事一覧が表示されます)
東日本大震災 ヘッジファンド 

fx 初心者 ← 私が40社のFX業者で取引してFX比較した、FXブログ記事です。

[FX]

[株・日経225先物・投資信託・CFD]

[外貨MMF]

[NYダウ、ナスダック、為替レート]

[転職、派遣・契約、アルバイト・パート、就職]
  • 転職サイト(正社員転職、派遣・契約、アルバイト・パート情報)

↓この記事のアドレスです。当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。
http://kabu-fx-news.seesaa.net/article/192969701.html
逆アクセスランキング 使い方 ← リンクして頂けるブロガーさんは必見です。

株式FXニュースフラッシュ(トップに戻る)

FXブログ FX初心者 FX比較 株式FXニュースフラッシュ管理人 | この記事へコメント(2) | 編集(管理用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へコメントどうぞ。誰でもコメントOKです(^_^)
下に行くほど新しいコメントになります。
名前:うっちー 2011年04月02日(Sat) AM08:19
現在の円高は10年先、20年先は続かないと思うので、今、ドルが安いうちに買って円安になったときに売れば儲かるのではないかと思うのですが間違っていますか?たとえば、今100万円でドルを買って10年後ドルを円に換えたら儲かるのでは?

名前:すらっぐ(管理人) 2011年04月02日(Sat) AM09:29
うっちーさん、こんにちは。

>今、ドルが安いうちに買って円安になったときに売れば儲かるのではないかと思うのですが間違っていますか?
>たとえば、今100万円でドルを買って10年後ドルを円に換えたら儲かるのでは?

結論から言うと「神のみぞ知る」といった所でしょうか?(^_^;)
確かに、うっちーさんのおっしゃる通り、儲かる可能性もあります。
http://kabu-fx-news.seesaa.net/article/169631790.html
例えば、アメリカが好景気になれば、円安ドル高になります。

反対に、アメリカが不景気になったり、カダフィ大佐やアルカイダがアメリカで大規模テロを起こしたりすれば、逆に円高ドル安になります。
http://kabu-fx-news.seesaa.net/article/188045996.html

特にカダフィ大佐は、過去にアメリカのパンナム機爆破テロを命令した人物とも言われており、油断出来ません((((;゚Д゚))))

お名前・ニックネーム:(省略可)

メールアドレス:(省略可)

ホームページアドレス:(省略可)

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※宣伝は全て非承認し、スパム報告させて頂きます。
※投稿内容がブログに反映されるまで数時間〜半日程かかります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。