fx-shintakuhozen-gimuka


フォーランドフォレックス フォーランドオンライン

2010年2月1日から施行されたFXの信託保全義務化により、FX業者が黒字倒産するというショッキングな見解が出ています。

業者の“黒字倒産”もありうる FX「信託保全義務化」の衝撃度

 FX(外国為替証拠金取引)業界が揺れている。2月1日、アイフォレックスが登録取り消し処分を受け、1月末には三菱商事フューチャーズがFX事業を譲渡、またフォーランドフォレックスは、新規注文の受付を停止したうえ顧客に建玉縮減を要請するという異例の事態に陥った。

 2月1日から、FX業者に対し、顧客から預かった証拠金の「全額信託保全」が義務づけられた。従来、顧客の証拠金を会社の資金と分けて管理する「区分管理」が義務づけられていたが、今後はその管理方法が、信託銀行への金銭預託のみに限られる。業者は資金力、信用力をいっそう問われることになったのだ。

 特に「カバー取引先への預託」ができなくなったのは大きい。FX業者は、カバー先の銀行などとの取引に際し、自身も取引量に応じた保証金を積まねばならない。その一部に顧客資金を充てているところが多かったのだが、規制により自己資金や新たに銀行から信用枠を確保するなどして、別途全額準備せねばならなくなった。

 また銀行などから債務保証状を出してもらいカバー先に差し入れる「LG」を使っていた業者も、顧客資金を担保にしていた場合、スキームの変更を迫られた。フォーランドフォレックスは「1月初頭から建玉が急増した結果、保証金が不足」したとしているが、業界関係者によれば、11月頃にはカバー先とのLG契約が無効となることがわかっていたにもかかわらず、対応が遅れ今回の事態を招いたようだ。

 撤退・廃業が続出するとの事前の予想に比べれば震度は小さいとも思えるが、安心はできない。

 規制をクリアした業者でも、“ギリギリ”の場合が多いと見られている。また金融情勢の変化から、カバー先の銀行が保証金率を引き上げる動きもある。FX業者は、大手でも資本金が数十億円である一方で、預かり資産は数百億円規模のところが珍しくない。「今は大丈夫でも、急な相場の変動などで顧客のポジションが偏ったり、カバー先が保証金率を引き上げてきた場合、資金繰りがつかなくなる可能性がある」(田原祐介・TSS社長)。つまりは、財務上は黒字でも、事業が立ち行かなくなる業者が出てくるというのだ。

 さらに、今年8月にはレバレッジ規制が始まり、全体の取引量減少が不可避だ。FX業界の淘汰・再編はこれからが本番である。

引用ここまで。
引用元はこちら

1.建玉縮減騒動は、フォーランドフォレックスの対応のマズさも原因か?

今回のフォーランドフォレックスの新規注文受付停止&建玉縮減騒動ですが、どうもフォーランドフォレックスの対応のマズさにも原因があった様です。

とは言え、2010年2月1日から施行されたFX新規制では、顧客の証拠金をそのままカバー先に預託する事は出来ず、顧客の証拠金はあくまでも全額信託銀行へ預託し、カバー先には別途FX業者が用意する必要があります。

これは、顧客にとっては非常に安全ではあるものの、FX業者にしてみれば厳しい規制です。
この規制により、「たとえ経営が黒字でも、カバー先と信託銀行へ預託する体力が無いFX業者は業務を続けられなくなる」という事になります。

2.信託保全義務化により、「FX業者はもう、死んでいる(倒産)」状態に?

お前はもう、死んでいる 北斗の拳

FX新規制では、「FX業者が顧客から100億円や1000億円といった巨額の証拠金を預かった場合、FX業者は自前で100億円や1000億円を用意してカバー先に差し入れなければならない」という場合もありうる事になります。

このFX新規制を逆手に取り、ライバルFX業者に大金を入金してポジションを建てまくって、合法的に倒産させる事も出来そうです。
「今、お前の会社に100億円入金してポジを建てた、お前はもう、死んでいる」とか

日本のエラい役人連中は、本当に金融商品の知識が無い者ばかりの様に感じます(ノ∀`)

最も、仮にFX業者が黒字倒産したとしても、そもそも黒字状態での倒産なので、預けた証拠金は全額返却されるのが救いですが。

今回のフォーランド事件に対する、我々の対応は?

「フォーランドフォレックス フォーランドオンライン」は、ポジションの持ち越しにより発生するスワップポイントが、業界最高水準の金利で有名なFX業者ですが、常時必ずしも全ての通貨ペアにおいて、スワップ金利がFX業界一位という訳では有りません。

FX スワップポイント 比較 一覧表

よって、フォーランドフォレックスが不安なスワップ派の方は、スワップが多く、全額信託保全(完全信託保全)を導入している他社のFX口座をいくつか開設して、フォーランドオンラインのFX口座と併用される事をお奨めします。

FX 比較 ← FX業者各社の信託保全導入状況

なお、「フォーランドフォレックス フォーランドオンライン」に関する当サイトの他の記事は、下のリンクをクリックすれば閲覧出来ます。



複数の口座を開設する事が重要です

1社しかFX業者・証券会社の口座を持っていない場合、行政処分で業務停止になるとポジションの決済しか出来ませんし、システム障害が発生すると新規・決済いずれの取引も出来なくなります。

「為替や株を買う千載一遇のチャンスや、年に一度の株主優待 権利付き最終日に注文が出来ない!」といった、歯がゆい状態は絶対に避けるべきです。

特にFXの場合は、業者によってスプレッドFX 約定能力 比較FX スワップポイント 比較、システムの安定性、使い勝手などに大きな違いがあるので、FX上級者の方は大抵、FXの口座を複数開設し、目的によってFX会社を使い分けています。

ですから、サブ口座(複数の口座)を持っておく事は非常に大切です。

FX おすすめ業者
  1. 外為どっとコム(FX大手でサーバーが非常に堅牢)
  2. SBI FXトレードSBIグループ FXFX 1通貨単位で取引可能)
  3. OANDA JAPAN(1通貨単位で取引可能、約定力が非常に高い)

などのFX業者が信頼性が高く、トラブルが起きにくい業者です。

FX 比較 ← FX業者のスプレッド、サーバー安定性の比較。

特にSBI FXトレードSBI FXトレード スプレッドは、大半の通貨ペアが国内FX業者中で最も狭く、SBI FXトレード 約定能力も高いので、メインの口座として使っても申し分の無いFX業者です。

くりっく365の場合は、くりっく365 比較 手数料を参考にして、手数料の安いFX業者の口座を複数開設しておくのがお奨めです。


株・日経225先物取引 おすすめ業者
  1. GMOクリック証券SBI証券楽天証券よりも手数料が安い)

などの証券口座を追加で開設されると良いと思います。

GMOクリック証券は手数料が非常に安く、GMOインターネット 株主優待で無料で株取引が出来るので、筆者が株取引で一番よく使っている証券会社です。

私の場合、「FX キャッシュバックキャンペーンでの小遣い稼ぎ、手数料の安い証券会社の使い分け、システム不具合対策」の為に、FX業者の口座を40社以上、株取引の口座を20社以上開設しています。


(下のリンクをクリックすると、「システム障害 行政処分 業務停止 倒産 破綻」カテゴリの全記事が表示されます)
(下のリンクをクリックすると、キーワードに関連する最新の記事一覧が表示されます)
FX フォーランドフォレックス フォーランド オンライン FX レバレッジ規制 

fx 初心者 ← 私が40社のFX業者で取引してFX比較した、FXブログ記事です。

[FX]

[株・日経225先物・投資信託・CFD]

[外貨MMF]

[NYダウ、ナスダック、為替レート]

[転職、派遣・契約、アルバイト・パート、就職]
  • 転職サイト(正社員転職、派遣・契約、アルバイト・パート情報)

↓この記事のアドレスです。当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。
http://kabu-fx-news.seesaa.net/article/140863243.html
逆アクセスランキング 使い方 ← リンクして頂けるブロガーさんは必見です。

株式FXニュースフラッシュ(トップに戻る)

FXブログ FX初心者 FX比較 株式FXニュースフラッシュ管理人 | この記事へコメント(0) | トラックバック(0) | 編集(管理用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へコメントどうぞ。誰でもコメントOKです(^_^)
下に行くほど新しいコメントになります。
お名前・ニックネーム:(省略可)

メールアドレス:(省略可)

ホームページアドレス:(省略可)

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※宣伝は全て非承認し、スパム報告させて頂きます。
※投稿内容がブログに反映されるまで数時間〜半日程かかります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。