2009年12月18日(Fri)PM22:33 FX 為替 豆知識

himawarifx-ryodate


ひまわり証券  ひまわりFX 両建て

ひまわり証券「ひまわりFX」は、「レギュラー口座」「デイトレ口座」のいずれも、原則両建て(りょうだて)は出来ませんが、両建てを希望される場合「両建て申請書」をご提出いただくと、両建てする事が可能になります。

以下、ひまわり証券「ひまわりFX」のサイトの「よくある質問」からの引用です。

新規注文による反対売買(両建取引)について

ひまわりFX取引においては、原則両建て取引は行えません。
(両建て取引:同一通貨ペアの売りポジションと買いポジションを同時に保有する取引)
そのため、新規注文で保有しているポジションの売買が反対の取引を行いますと約定と同時に保有しているポジションと決済いたします。

なお決済対象となるポジションは、成立日時の古いポジションから優先的に決済されます。(ファーストイン・ファーストアウト)
※決済注文で反対売買を行った場合は、指定したポジションが決済されます。

ひまわりFXは原則両建てができない取引となりますが、両建てを希望される場合、「両建て申請書」をご提出いただくと、両建て可能な口座へ変更手続きをいたします。

しかしながら、ひまわり証券では経済的合理性を欠く両建取引をお奨めいたしません。
詳細につきましては下記をご確認ください。

  1. 取引手数料相当額を二重負担すること(電話注文の場合)
  2. スプレッドを二重負担すること、またスプレッドは固定でないため相場状況によっては売値と買値の差が広がり、保有ポジションに対する評価価格が反対方向の価格(買値、売値)をそれぞれ反映していることから、純資産に影響を及ぼすこと
  3. 同量の取引の場合、スワップ金利は支払うことはあっても、受取とはなりえないこと
  4. 両建ポジション保有時等、必要証拠金額が圧縮されている場合は一部ポジションの決済ができない場合があること

引用ここまで。

なお、ひまわり証券のサイトの「よくある質問」には明記されていませんが、私がひまわり証券に確認したところ、レギュラー口座は「両建て申請書」を提出する事によって両建てする事が出来るものの、デイトレ口座に関しては両建ては一切出来ないとの事でした。

「両建て」とは?

両建て(りょうだて・りょうたて)とは、株の場合は同じ銘柄、FXの場合は同一通貨ペアの買いポジションと売りポジションの両方を同時に持つことを指します。

FXの場合は、両建てが出来るFX業者と、両建てが出来ない「両建不可」のFX業者があります。

FX 比較 ← FX業者各社の両建て可/両建不可に関してはこちら
FX 両建て ← 両建て(りょうだて・りょうたて)のメリット/デメリットに関してはこちら

(関連記事)

「FX 為替 豆知識」カテゴリの記事 最新10件

(下のリンクをクリックすると、「FX 為替 豆知識」カテゴリの全記事が表示されます)
(下のリンクをクリックすると、キーワードに関連する最新の記事一覧が表示されます)
ひまわりfx ひまわり証券 FX 

fx 初心者 ← 私が40社のFX業者で取引してFX比較した、FXブログ記事です。

[FX]

[株・日経225先物・投資信託・CFD]

[外貨MMF]

[NYダウ、ナスダック、為替レート]

[転職、派遣・契約、アルバイト・パート、就職]
  • 転職サイト(正社員転職、派遣・契約、アルバイト・パート情報)

↓この記事のアドレスです。当ブログはリンクフリーです。ご自由にリンクして下さい。
http://kabu-fx-news.seesaa.net/article/135993732.html
逆アクセスランキング 使い方 ← リンクして頂けるブロガーさんは必見です。

株式FXニュースフラッシュ(トップに戻る)

FXブログ FX初心者 FX比較 株式FXニュースフラッシュ管理人 | この記事へコメント(0) | トラックバック(0) | 編集(管理用) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へコメントどうぞ。誰でもコメントOKです(^_^)
下に行くほど新しいコメントになります。
お名前・ニックネーム:(省略可)

メールアドレス:(省略可)

ホームページアドレス:(省略可)

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
※宣伝は全て非承認し、スパム報告させて頂きます。
※投稿内容がブログに反映されるまで数時間〜半日程かかります。

この記事へのトラックバック